2006年10月17日

『トンマッコルへようこそ』

tonmakkoru.jpg
STV主催の試写会。

いい映画を観たな〜という感じ。
これはオススメですexclamation手(チョキ)わーい(嬉しい顔)
にほんブログ村 映画ブログへ
決してお金はかかっていないけれど心に響くものがありました。

緩急のついた映画に仕上がっている感じ。

映画を観ていてほのぼの出来るし、考えさせられる部分もある。
そのスピードがゆっくりとした流れなのでとても心地よかったるんるん

音楽もとても心地よいexclamation
『もののけ姫』『ハウルの動く城』の音楽を手がけた
久石譲の手腕かなexclamation&question

tonmakkoru002.jpg

金正日にも是非観て考えて欲しい映画ですexclamationちっ(怒った顔)


鑑賞日2006.10.16
評価:★★★★★★6/7
Ranking参加してます。応援よろしくお願いします。

banner_04.gif
にほんブログ村 映画ブログへ←これをポチッと。





この記事へのコメント
ヨイルの右にいる韓国軍のお兄ちゃん、
市川染五郎に微妙に似てませんでした?
誰かに似てる似てるって思いながら
見てたもんで・・(おいおい)

私はこの映画、最後の笑顔がもう
悲しくて悲しくて
涙が止まりませんでした。

試写会であれだけたくさんのひとが
感想書いて出してるのを見たのも
はじめてだったんですが、

意外にも巡回してると賛否両論で
びっくりしてます・・・。
Posted by Ageha at 2006年10月18日 16:03
>Agehaさん
何だか非常に悲しい映画でしたよね〜。
のどかな雰囲気とラストのコントラストがより悲しさを浮き立たせて...。
否定する方もいるんですね〜。
それだけ話題作ってことでしょうか!?
ファンタジーとしていい映画だと千幻は思います。
Posted by 千幻薫 at 2006年10月19日 01:21
千幻サン★

おすぎが一生懸命いまCMしてますねー。
良い作品だったのね。

コメントかけなくてもクリックしてますよん♪
3位すごい♪
Posted by mig at 2006年10月27日 23:45
>migさん
いい映画でしたよ。ほのぼの〜として。
migさんの感想聞きたいです。
Posted by 千幻薫 at 2006年11月05日 14:03
 ご無沙汰しています。トラックバック、ありがとうございました。朝鮮戦争、世界への反戦のメッセージをこんなストーリー展開で魅せてくれるなんて、映画の力を感じますね。南北朝鮮問題、恋愛映画に終始している韓国映画の中でも特異な作品で、秀逸でした。  冨田弘嗣
Posted by 冨田弘嗣 at 2006年12月08日 01:23
こんばんは〜。
お仕事どうですか〜?
相変わらずお忙しいですか?
毎日暑くて参りますが、夏バテで参らないように気をつけてくださいね〜。

この作品って悲しくて、でも温かい、なんだか複雑な心境にさせられる内容でした〜。
Posted by りら at 2007年08月21日 20:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

イノセントワールド~「トンマッコルへようこそ」~
Excerpt: 26日6:30.朝日生命ホールにて。 公式サイトはコチラへ。 → http://www.youkoso-movie.jp/ トンマッコルとは「子どものように純粋な村」 という名の架空の村..
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2006-10-18 15:58

トンマッコルへようこそ
Excerpt:   笑顔が一番 つよいのです。           評価:★8点(満点10点) 2005年 132min 監督:パ..
Weblog: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
Tracked: 2006-10-29 14:35

トンマッコルへようこそ・・・・・評価額1450円
Excerpt: スタジオジブリ的アニメ風実写映画。 人里はなれた山中に、誰も知らない理想郷があるという物語や伝説は多い。 古くは陶淵明の「桃花源記」の中の桃源郷、近代ではヒルトンの「失われた地平線」のシャングリラ..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2006-10-30 00:38

『トンマッコルへようこそ』
Excerpt:     『トンマッコルへようこそ』   笑顔が一番強いのです。   入場動員800万人、韓国国民の6人に1人が観たというこの映画。 噂どおり面白かったです。 画の構図や話の持っていき方..
Weblog: 唐揚げ大好き!
Tracked: 2006-10-30 06:51

トンマッコルへようこそ
Excerpt: でかいイノシシにはスローモーションがよく似合う。
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2006-10-30 07:15

「トンマッコルへようこそ」(韓国 2005年)
Excerpt: のんびりと自給自足の生活を営んでいるトンマッコルという村に 予期せぬ6人の客がやって来た。 「トンマッコルへようこそ」
Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常
Tracked: 2006-10-30 21:57

今年の韓流映画NO1「トンマッコルへようこそ」
Excerpt: いやあ〜 3ヶ月前の 完成披露試写会で鑑賞済みだったのに 記事アップが公開されてからに なってしまった「トンマッコルへようこそ」 はっきり言って 今年公開された韓国映画の中で 一番の感動作品でした。..
Weblog: bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ
Tracked: 2006-10-31 04:08

戦争の愚かさを描いた秀作映画。『トンマッコルへようこそ』
Excerpt: 1950年代の朝鮮戦争中、韓国側にある「トンマッコル」という山中の小さな村を舞台に描かれた物語です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2006-10-31 12:58

「トンマッコルへようこそ」
Excerpt: 2005年に韓国映画界に旋風を巻き起こしたパク・クァンヒョン監督の「トンマッコルへようこそ」の試写。幸せな映画を観た。宮崎駿の映画を観たあとような温かい感動と、三谷幸喜の映画を観たあとのような爽快感。..
Weblog: やまたくの音吐朗々Diary
Tracked: 2006-10-31 22:14

トンマッコルへようこそ 06年211本目
Excerpt: トンマッコルへようこそ 2005年   パク・クァンヒョン 監督  久石譲 音楽シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン 、イム・ハリョン 、ソ・ジェギョン 、スティーヴ・テシュラー ..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2006-11-01 02:07

映画「トンマッコルへようこそ」
Excerpt: 原題:Welcome to Dongmakgol 北から南から空から、死地を求めてトンマッコルへと兵士が集う。山奥のメルヘンチックなその村に一体何があるというの、子供のように純粋な心の住む村・・ ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-11-02 01:11

真・映画日記『トンマッコルへようこそ』
Excerpt: 10月31日(火) 朝、通勤〜スタバのコーヒータイムでなんとか日記を更新。 どうもここのところ、日記が尻切れとんぼ気味。 反省したい。 仕事は月末なので多いような少ないような。 ..
Weblog: CHEAP THRILL
Tracked: 2006-11-02 11:31

★「トンマッコルへようこそ」
Excerpt: 韓国で800万人が笑って泣いた・・・という触れ込みの作品。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-11-03 03:54

【劇場鑑賞121】トンマッコルへようこそ(WELCOME TO DONGMAKGOL)
Excerpt: 「トンマッコル」 子供のように、純粋な村 戦争が起こっていることなど誰も知らないこの村に、3組のお客さんがやってきた。 ひとり、空から落ちてきた。 ふたり、森からやってきた、 3..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-11-06 20:37

トンマッコルへようこそ
Excerpt: (06年10月鑑賞) 「人間同士が争う事の愚かしさを気付かせてくれる作品・・・と...
Weblog: 丼 BLOG
Tracked: 2006-11-07 08:58

『トンマッコルへようこそ』鑑賞!
Excerpt: 『トンマッコルへようこそ』鑑賞レビュー! 笑顔が一番つよいのです....。 トンマッコル、子どものように純粋な村 人々が自然と共に暮らし、笑顔を絶やさず 暮..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2006-11-10 17:24

「トンマッコルへようこそ」久々の韓国映画の傑作登場
Excerpt: 昨年9月13日にソウルで見た韓国大ヒット映画がやっと日本で公開 リバイバル記事ですが、ソウルの観客と一緒に見た感想です。 「トンマッコルへようこそ」★★★★ シン・ハギュン、チョン・ジェヨン..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-11-10 20:54

『トンマッコルにようこそ』着眼が良いだけに惜しい。
Excerpt:  映画に関しては『オススメ座シネマブログ』ってのを書いてるわけですが、あっちは
Weblog: ブツクサ徒然ぐさ
Tracked: 2006-11-11 13:25

トンマッコルへようこそ
Excerpt: オールナイト明けなのにちっとも眠くならなかった。すなわち、非常に楽しめたわけだ。 戦争を背景にして、「同じ民族、殺し合うなんてバカバカしい」というメッセージは十分に伝わってくるのだから、最後の悲劇は..
Weblog: 八ちゃんの日常空間
Tracked: 2006-11-19 00:29

「トンマッコルへようこそ」 お腹いっぱい食べられることだけで満足できればいいのに
Excerpt: 久石譲さんの音楽がとても作品の雰囲気にあっていました。 音楽は全然詳しくないので
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2006-11-26 16:37

トンマッコルへようこそ
Excerpt: 動物園前シネフェスタ  今年は「邦高洋低」だという。なんのことかと聞くと、洋画より邦画の客入りがよい
Weblog: 活動写真評論家人生
Tracked: 2006-12-08 01:18

トンマッコルへようこそ−(映画:2006年147本目)−
Excerpt: 監督:パク・クァンヒョン 音楽:久石 譲 出演:シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン、イム・ハリョン 評価:95点 公式サイト (ネタ..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2006-12-12 21:39

mini review 07031「トンマックルへようこそ」★★★★★★★☆☆☆
Excerpt: カテゴリ : SF/ファンタジー 製作年 : 2005年 製作国 : 韓国 時間 : 132分 公開日 : 2006-10-28〜 監督 : パク・クァンヒョン ..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2007-03-10 14:03

トンマッコルへようこそ
Excerpt: 久しぶりに韓国映画見ました。 『トンマッコルへようこそ』です。 [原 題] ウェルカム・トゥー・トンマッコル 웰컴 투 동&#..
Weblog: Kio -朔北- De nuevo
Tracked: 2007-05-20 11:18

トンマッコルへようこそ
Excerpt: 【トンマッコルへようこそ】 ★★★ DVDストーリー 朝鮮戦争が続く1950年代。山の奥深くに、他の土地から隔絶し自給自足の生活を送る不思議
Weblog: りらの感想日記♪
Tracked: 2007-08-21 20:32
Google
Web 365cinema.seesaa.net
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。