2007年09月05日

『呪怨 パンデミック』

呪怨 パンデミック
2006年に米で公開された作品。

パンデミック(pandemic)とは、世界的な流行病に対する医学用語。
ある感染症が世界的に流行することを言う。
感染爆発、あるいは汎発流行。 (By Wikipedia)

前作の「THE JUON 呪怨」

日本版「呪怨」のリメイクでしたが、
本作呪怨 パンデミックは日本版「呪怨2」のリメイクではなく
オリジナルのストーリーとなっています。

jyuon_p003.JPG
日本版では知り得ない佐伯伽椰子の幼少時代や母親が登場します。
伽椰子俊雄の登場の仕方、殺され方に
目新しいものはないのですが、やはり安定感があります。
久々に面白い(怖い)ホラーを観た感じです。
jyuon_p001.JPG
ただ...海外向けだからなのかexclamation&question
来る...来る、来る、来たーーっexclamation×2がく〜(落胆した顔)
という怖さの引っ張りは感じられません。


最後は何でもアリの世界になってしまってますので
(ホラーなんて言ってしまえば全てがそうですが...)
続編(現在製作中)がつまらないストーリーにならないことを祈ります。

何はともあれ、呪怨ファン必見です。

鑑賞日:2007.09.05
評価:★★★★★5/7

Ranking参加してます。応援よろしくお願いします。
banner_04.gif
にほんブログ村 映画ブログへ←これをポチッと。

やっぱり日本版呪怨』『呪怨2が最高だな〜。
 呪怨 劇場版 1&2セット(初回限定生産)

この記事へのコメント
 ご無沙汰です。コメント、ありがとうございます。完全にオリジナルにしては、質を落とさずによくできていると思いました。私は90点などつけてしまいましたが、やはりこれは、全部を観ているからこそなのかもしれません。でも、千幻薫さんがどのように感じるか、私は不安でいっぱいでした。点が高くて一安心です。  冨田弘嗣
Posted by 冨田弘嗣 at 2007年09月07日 00:57
なぜか、

JUON が UDON に見える私。
たぶん
夏バテだと思います(笑)
Posted by ふる at 2007年09月09日 16:35
>冨田さんへ
冨田さんと千幻が評価が違ってもいいじゃないですか。(^^)v
冨田さんは冨田さん、千幻は千幻。
お互い評価が良くて何よりですけど...ね。
 
>ふるさんへ
字ずらは似てますが...夏ばてですね。(笑)
Posted by 千幻薫 at 2007年09月13日 00:18
突然で申しわけありません。現在2007年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票にご参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。


Posted by 日本インターネット映画大賞 at 2007年12月29日 02:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

呪怨 パンデミック(字幕版)
Excerpt:  <TOHOシネマズなんば>  予告がはじまっているが、はじまったばかりの様子。場内は満席で、私は
Weblog: 活動写真評論家人生
Tracked: 2007-09-07 00:52
Google
Web 365cinema.seesaa.net
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。